買うタイミングが重要だとわかって焦ったバニラエア格安航空券の予約

早期割引システムではないバニラエアの格安航空券のシステム

私が初めてLCCを使ったときには最終的にバニラエアを利用しましたが、それまでは大手の航空会社ばかりを利用していました。そのため、基本的な割引システムを誤解していて買うタイミングを逃してしまったのです。格安航空券を予約するためにはタイミングが肝心であるということに気づいたのは価格の変化を確認したからでした。

大手のように早期割引システムになっていて早ければ安いというわけではなく、刻々と価格が変化していくものだとわかったのです。バニラエアにしようと考えたタイミングが実は底値になっていて、だんだんと価格が上がってきてしまいました。価格が変動しているということはまだ下がる可能性があるとも考えていたのも失敗でした。

価格の変化を見てみてわかったバニラエアの格安航空券の買い時

初めてのときには結局、価格が下がってこないと考えて諦めて予約をしてしまいましたが、次に格安航空券を探してバニラエアを利用したときには買い時を逃さずに済ませることができました。

この区間のフライトをこの日のこの時刻に利用しようと思ってから、毎日価格の変化を追跡していたからです。ブックマークをしておけばオンラインサイトから価格を確認するのは大変なことではありませんでした。以前の教訓から価格が上がり始めたら下がることはないということがわかっていたので、価格が上がるのを確認した時点で購入を決断したのです。

やはり予想した通り、それ以降は価格が上がり続けてしまったので買い時の選び方としては適切でした。

航空券の予約のときに先に決めておいて良かったオプションの内容

残席数が減るとバニラエアの格安航空券は高くなるという情報も得ていたので、価格が少し上がったときにはすぐに予約しないとさらに価格があがるかもしれないと考えていました。そのため、予約手続きをするのに悩まないように準備をしておいたのも正解だったと思います。

自分が予約のタイミングを考えていたのと同様に、他の人も価格の変動に目を凝らしている可能性があるため、この点に関してはかなり慎重になりました。バニラエアでは運賃タイプの選択に加えて、座席指定や受託手荷物などのオプションも予約時に選ぶことができるので、それらを予め決めておくことが大切でした。格安航空券ということにこだわりを持っていたのでどれも選びませんでしたが、オプションで悩んでいる間に高くならなくて良かったと思っています。