バニラエアの格安航空券を3つの料金プランから手に入れる

今は昔に比べてもかなり気軽に海外などに旅行に行くことができるようになっています。

これも経済的に余裕ができた人が多いことや旅費自体が安くなっていること、そして他の世界に興味関心を持つ人が増えていることなどが関係しているのでしょう。
毎日の生活で忙しくても旅行することなどを考えると、頑張ることができるようになることもあります。

そこで、工夫をしながらより安くて行きやすいツアーや航空券を探すことになったりするのです。

特にLCCはリーズナブル

最近はパッケージ商品などでもキャンペーンをしていて安いものを見つけることができたりします。
航空券でもLCCなどを利用することでリーズナブルに旅を計画することができたりするのです。

またホテルも格安で手配できるサイトも知られるようになっているのです。
ですから、経済的な負担をかけないでも楽しむことができたりするのです。

近頃話題のLCCとしては、ジェットスターピーチなどをはじめとして、バニラエアエアアジアなど、いろいろな航空会社があります。

特にバニラはANAの関連会社であり、かなり安い航空券を発売しているので人気があります。

バニラエアの運賃、わくわくバニラって?

バニラエアでは運賃が3通りあります。

中でも発売日時が限定されるわくわくバニラというのはとても安く、お得感があるということで利用する人が増えているのです。
金曜日の夜の7時から発売を開始する事が多く、国内線では那覇や奄美、札幌などの路線があり、国際線では香港や台湾のほかにもホーチミンやセブ島などに就航している便もあります。

数百円から数千円といった運賃で発売されていることもあるので、セールを見逃さないようにしたいものです。

シンプルバニラやコミコミバニラの違いは?

そのほかにはシンプルバニラコミコミバニラといった運賃があるのですが、これらは座席の指定やキャンセルの可否預け荷物の追加などがあるかないかという違いになります。

この2つは普段から発売されているのですが、日によっても価格に変動があるので、チェックしたほうがいいでしょう。

いずれの運賃体系であっても格安航空券であり、インターネット検索をしてホームページから予約をすることができるようになっています。ですから、自分が置かれている状況に応じて、どの運賃体系で予約をしていくのがいいのかということが違ってくるのです。

LCCというのはコスト削減のために座席が狭かったり、機内食やドリンクのサービス、毛布の提供なども省かれているので、そういったことを理解した上で利用するといいでしょう。


コメントは受け付けていません