• バニラエアの格安航空券の最安値を比較!それぞれの料金プランの特徴

    国内で格安航空券を手に入れようと思ったらLCCを利用する方法が一番でしょう。

    国内に存在するLCCの中でも特に格安料金で航空券が購入できるのがバニラエアです。ここではバニラエアの特徴について紹介したいと思います。

    格安航空会社バニラエア3つの料金プランとは

    バニラエアは成田空港をはじめ、関西空港や沖縄の那覇空港、北海道の新千歳空港、奄美大島と国内各地で搭乗できるようになっており、海外は台北や高雄、香港、ホーチミン、セブといったエリアに就航しています。

    一年を通して格安航空券を販売しているので、旅行や出張、帰省などに利用すると出費を抑えることができます。

    航空券の予約を希望する際は初めに空席状況を確認しましょう。

    ホームページを開いて出発地と到着地を設定したら、搭乗日と搭乗人数を選択します。

    検索ボタンを押すと便名と時刻、料金などが表示されるので格安航空券が見つけやすくなっています。

    バニラエアでは航空券の料金タイプを3つに分けており、コミコミプランシンプルプランわくわくプランの中から選べることが特徴的です。

    どの料金も格安で購入できますが、最安値を選ぶならわくわくプランに絞って探してみるといいでしょう。

    コミコミプランはサービスが充実

    コミコミプランは3つの中では一番高い料金になりますが、サービス面が充実しているので安心して選べます。

    旅行や出張に出かけるときはかなりの荷物を持って行くことになるため、空港で預けた方が便利という方が多いはずです。

    コミコミプランなら20キロまでの荷物を無料で預けることができるので、家族旅行やグループ旅行、長期滞在の出張の際に便利です。

    またスタンダードシートの座席指定が無料で行えることや便と日付の変更の際の料金が安いこと、一定の料金を払えば払い戻しができるという点もコミコミプランの魅力です。

    シンプルプランとわくわくプランの特徴

    シンプルプランわくわくプランは荷物を預ける際の料金と座席指定の料金が同じですが、わくわくプランの方は便と日付の変更ができないという決まりがあります。

    また払い戻しも不可になっているので、何らかの事情で搭乗できなくなってもお金が戻ってこないというリスクはあります。

    しかし確実に行けるという自信があれば変更も払い戻しも行う可能性は低いですから、格安料金で購入できるわくわくプランを選ぶといいでしょう。

    便名と料金を表示させる画面は、7日分を表示させる他に1ヶ月分を表示させることも可能です。

    1ヶ月分の画面では最安値が一目で確認できるので比較しやすいでしょう。

    予約した航空券の支払い方法にはコンビニ決済とクレジットカードの2種類が用意されているので、都合の良い方が選べます。