• カテゴリー別アーカイブ 料金プラン
  • 格安航空券でも予約変更がしやすいとわかって選んだバニラエア

    飛行機で旅行に行きたいという思いはあったものの、安く旅行に行こうと考えて格安航空券を選ぶと予約変更ができない場合が多いのが気にかかっていました。
    ただ、バニラエアを候補に挙げたときに気づいたのが予約の変更を比較的行いやすくなっていることでした。

    予約変更がしやすい仕組みになっているバニラエアの格安航空券で旅行計画

    格安航空券が流通するようになってから沖縄旅行に行きたいと以前から考えていましたが、予約をしてしまうと変更できないという場合が多いのが気にかかっていました。
    仕事の都合で休みを返上しなければならないことが多く、前々から予約して日程を確定しておくのが難しかったからです。
    しかし、バニラエアの情報を見ていたときに比較的予約変更がしやすい仕組みになっているのに気づいて沖縄旅行の計画を本格的に立てることにしました。料金を払えば予約をずらせる仕組みになっていたからです。仕事で休日返上になったときには代休をもらえるようになっているので、バニラエアの格安航空券なら安心して予約できると考えることができました。

    コミコミバニラを選んで決めたバニラエアの格安航空券の予約


    かなり頻繁に休日返上のことがあるので、私が予約したときに選んだ運賃タイプはコミコミバニラでした。シンプルバニラの方が安いのですが、予約変更に4000円もかかってしまうのが気にかかったのです。
    コミコミバニラなら500円なので大した金額ではないから良いと考えられました。
    また、旅行のときにはいつも荷物が多くなってしまうので受託手荷物の料金が含まれているコミコミバニラの方が魅力的だったのです。
    バニラエアの格安航空券というとシンプルバニラを選ぶのが通常ですが、私の場合には予約変更が簡単で安いというのが重要だったので、必然的にコミコミバニラを選ぶことになりました。
    結果として本当に予約変更をすることになって得をした気分でした。

    予約してあったバニラエアの格安航空券を変更したときの流れ

    予期していたわけではなかったものの、本当に仕事が立て込んでしまって休日出勤をしなければならず、予約の変更を行うことになりました。
    翌週に代休をもらえたのでその日程に合わせて変更手続きを行いましたが、極めてシンプルなものでした
    バニラエアの格安航空券を予約したときの予約番号があれば十分で、インターネット上で全ての手続きができました。
    必要になったのは変更手数料の500円と差額料金だけで、合計して3000円ほどだったのでそれほど大きな損失ではありません。
    電話が予約変更をするには簡単かと思ったのですが、予約センターの手数料がかかるとわかってインターネットでの変更にしたので安上がりにすることができました。